家具も小物も思いのままにペイント出来るアニースローンの『CHALK PAINT™』


女性に大人気!ペイントDIYがとってもお手軽に!

昔よりはずっと身近になったDIYですが、最近では男性のDIYに負けず、女性のDIY人気が高まってきているように感じます。
小物や雑貨、園芸用品から家具まで、様々なジャンルでこだわりのDIYを楽しむ人が増えています。
また、家具などもゼロから作る上級者さんもいたりと、生活を豊かにするDIYを楽しんでいる方が多くなりました。
また、自分で作った作品にはとっても愛着もわきますよね。
そんなDIYがお好きな皆さんにとってもお勧めなのが、アニースローンのチョークペイントです!何がお勧めなのか、一言で言うなら、とっても扱いやすいのです!
ペンキとは違い、まるで絵の具で絵を描くように楽しめるのがアニースローンの特徴です。
水で伸ばす事も出来、好きな固さに調節できます。また、ただ塗るだけではなく、ヒビ割れを表現したり、ユーズド感やアンティークのような雰囲気を出す事や、とっても人気のデコパージュを家具などに施すことも出来ます。

例えば、下の画像のように、木目やナチュラルカラーな家具の雰囲気をガラリと変えことができます。
部屋全体の雰囲気を変えたい時など、すでに持っている家具の雰囲気もペイントで変えたりする事が出来てしまいます!

 

チョークペイントで作られた作品

   

チョークペイントなら殆どの家具や小物にペイントが可能です。
自分で作った家具や棚などにペイントするのもとってもオススメです。
また上にご紹介した施工例のように古い家具の雰囲気などもハケや表面の仕上げなどにより思いのままに表現する事ができます。
まるでキャンバスに絵を描くようにペイントDIYをお楽しみ下さい!

豊富なカラー&無限に創り出せるオリジナルカラー

アニー・スローン カラー

CHALK PAINT™の色合いは18世紀と20世紀の装飾やデザインから着想を得たアニー・スローン独特の色彩です。
アニー・スローン曰く、「芸術家の色彩のように」簡単に色を混ぜ合わせて種類を作り出すことができ、さらに、色合いの濃淡、明暗も自由自在にできます。
CHALK PAINT™はアニー・スローン製品のSoft Wax【ソフトワックス】を併用することにより、滑らかでマットな仕上がりやアンティーク仕上げを創り出すことができます。

アレンジも楽しめる!

アニースローンのチョークペンとはペイントを楽しんだ後に自分だけのアレンジを楽しむ事が出来ます。
ここではどんなアレンジが可能なのかご紹介します。
もちろんこちらで紹介した以外にも、自分だけのアレンジを編み出すことも出来ます。

Stencil【ステンシル】

アニースローンのステンシルプレートとCHALK PAINT™を使って柄を入れることができます。
濃さなど調整すれば、グラデーションなども表現できます。
アニースローンで販売しているステンシルプレート以外でも、手芸用品などでお持ちのものや自作のものでももちろん可能です。

Decoupage【デコパージュ】

お子さんのズックや小物などにとっても流行のデコパージュをペイントの後に貼ることも可能です。
お好きなデザインのコラージュを使用して世界に一つだけの家具や小物を作り出すことが出来ます!

転写

レザープリンター、もしくはコピー機でプリントしたイメージを転写することができます。(インクジェットプリンターではできません!)

Craqueleur【クラクリュール】

年月を経た古い絵画の表面に見られる非常に細かい特徴的なひび割れを再現できます。
乾燥後、Clear Wax【クリアワックス】を塗り、その後にDark Wax【ダークワックス】を割れ目に塗り込めば割れ目を際立たせることもできますよ!

Gilding【ギルティング】

金箔(コッパリーフ)や銀箔(アルミリーフ)を表面に貼りつけることができます。
金箔や銀箔はとても軽いので、手に簡単にくっついてしまうので、取り扱いは慎重に。

 

塗り方やアニースローンについてもっと詳しく知りたい方は

 

人気のカラーはこちら!

数少ないアニースローンのストッキストに選ばれたスマシア。今日まで沢山のお客様にペイントDIYをお楽しみ頂いております!
そんな皆様に大変、好評で人気のカラーをご紹介します。
塗った雰囲気も見れますので是非、参考にしてみて下さい!

Old White オールドホワイト

チョークや焼き石膏色で、ピンクや黄色が入らないクールでソフトな色。
この何にでも合う用途の広い白は、他の色を薄く明るくするのに使用したり、スウェーディッシュ風の演出でParis Grey【パリスグレー】やAubusson【オービュッソン】と対にして使用されます。
Paris Grey【パリスグレー】の上にこの色を重ねれば典型的なフレンチスタイルとなります。

Original オリジナル

暖かく、少しクリーミーな柔らかい白。
アンティーク家具を演出するのにおすすめカラーです。
華奢な古いフレンチ風の演出でDuck Egg Blue【ダックエッグブルー】やAntoinette【アントワネット】と対にして使用されます。

Louis blue ルイブルー

パステルブルー。
洗練されたロココスタイルやビンテージ-レトロ美的価値の演出にこのパステルカラーと白色は対となります。
Dark Wax【ダークワックス】のダークブラウンが良く合います。

Paris Gray パリスグレー

ソフトで青みがかった灰色。
フレンチシャトーや、スウェーディッシュマナーハウスからヒントを得たカラーで、Old White【オールドホワイト】との相性は抜群です。
Old Violet【オールドヴァイオレット(ラベンダーブルー)】にParis Gray【パリスグレー】の上塗りヤレ処理は見応えがあります。
Cream【クリーム】の下塗りにParis Gray【パリスグレー】の上塗りヤレ処理も素敵な組み合わせです。
少し強めのArles【アルル】の下塗りの上にParis Gray【パリスグレー】のヤレ処理も面白いですよ!

※ヤレ処理とはエイジング塗装(処理)と同義語で、エイジング塗装(処理)とはサビや傷などの経年変化を表現する方法です。

Duck Egg Blue ダックエッグブルー

グリーンがかったソフトブルー。
ロココ調フレンチインテリアやスウェーディッシュインテリアを呼び起こさせるこの色の系統は、
18世紀の美しい青の色料の発見から来た物です。

Emile エミール

ピンクレッド地で温かくソフトななすび色。
ポンペイに見られる、18世紀の芸術家ロバート アダムやチャールソンにより愛用された色でもあります。
そして装飾作品に使われるようになったこのカラーはオールドホワイトを加えると、美しい洗練されたライラックの花の色調となります。

サイズは2種類!

アニースローンのチョークペイントは塗りたい面積に合わせて100mlと1Lの2種類ご用意しております。
小さめな小物なら100ml、家具や大きめのものであれば1Lなど、また使用後にしっかり蓋をしておく事で保管しておくことも出来ます。

豊富なカラーを取り揃えております!

上でご紹介した人気のカラー以外にもサイズ、カラーとも豊富に取り揃えております。
お好きなカラーを混ぜて、自分だけのオリジナルカラーを作るのもオススメです!世界に一つだけの家具や小物作りをお楽しみ下さい!

 

アニスローンのSoft wax ソフトワックス

Annie Sloan【アニー・スローン】のChalk Paint【チョークペイント】はベルベットのようなマットな仕上がりをもたらします。
Chalk Paint【チョークペイント】の最高のパートナーであるSoft Wax【ソフトワックス】を使えば、落ち着いた光沢を出すだけでなく、表面を保護して長持ちさせます。
アンティーク仕上げにしたい場合はDark Wax【ダークワックス】が最適です!

Annie Sloan【アニー・スローン】のSoft Wax【ソフトワックス】はこちら↓↓

上の画像のようにワックスの種類によって仕上がりには随分と違いがあります。
お好きな雰囲気に合わせてお選び下さい。

Clear Wax クリアワックス

Clear Wax【クリアワックス】は耐久性を高め、色彩を深めつつ、ほんのわずかなツヤを与えます。
容器にマーガリンのような滑らかさで保存されているので、とても扱いやすいです。
完全に無色で、においも少なく、防水性なのでダイニングテーブルやキッチンにも使用可能です!
CHALK PAINT【チョークペイント】を少量混ぜることでClear Wax【クリアワックス】に色付けすることができます。
CHALK PAINTでの塗装後はAnnie Sloan【アニー・スローン】のワックスを使用することをおすすめします!
使用後は蓋をしっかりと閉じることで無期限に保存できます。

使用方法

乾燥したCHALK PAINT【チョークペイント】塗装面に乾いた布、もしくはワックスブラシを使ってClear Wax【クリアワックス】を塗りこみます。
ハンドクリームを塗りこむように、CHALK PAINT【チョークペイント】に押し込むように塗ってください。
裂け目や角、隅々まで塗りこみましょう。
少なめがほどよいので、厚く塗る必要はありません。
塗った直後に感触乾燥を感じる程度が適量です。
塗りこみましたら、きれいな布で余分なワックスを拭き取ります。

Dark Wax

アンティーク仕上げや質感を出すためにはDark Wax【ダークワックス】が最適です。
Dark Wax【ダークワックス】を塗装表面全体の、割れ目やきめに擦りつけます。
凹部に残ったDark Wax【ダークワックス】は素晴らしいアンティーク感を作り出します。
Dark Wax【ダークワックス】にCHALK PAINT【チョークペイント】をほんの少し入れることで違った印象になります。
Old White【オールドホワイト】を入れることで少し白みがかったものにしたり、反対にAubusson Blue【オービュッソンブルー】を入れることでほぼ黒色のワックスにすることができます。

使用方法

乾燥したCHALK PAINT【チョークペイント】塗装面に乾いた布、もしくはワックスブラシを使って、まずはClear Wax【クリアワックス】を塗りこみます。
裂け目や角、隅々まで塗りこみましょう。
塗料を吸収させ、表面をドライな感触にします。
次にDark Wax【ダークワックス】をきれいな布やブラシを使って塗装表面の割れ目などに擦り付けます。
ワックスが吸収するのを待ち、きれいな乾いた布で余分なワックスをぬぐってください。
最後にClear Wax【クリアワックス】で拭き上げ、表面を磨けば、アンティーク仕上げの完成です。
Dark Wax【ダークワックス】を使用するときは、クリア→ダーク→クリアの順番で仕上げをしましょう!

完全定着猶予期間

Soft Wax【ソフトワックス】は感触的には素早く乾燥しますが、固める及び定着には時間がかかります。
完全「定着」には5~21日ほどかかります。
もちろんワックスを塗った後に作品を使用できますが、完全定着するまで作品への配慮が必要となります。
光沢のある仕上がりにしたい場合は24時間ほど置いてから、乾いたきれいな布で磨きあげてください。
完全「定着」した後は食品を置いても安全です!

 困った時はお気軽にご相談下さい!

スマシアでは、お困りのお客様のサポートをお受けしております!
買ってみたけど、使い方が分からない、購入してみたいけど、不安なことがある…など、お客様のお困りの事柄に合わせてサポート致します。
アニースローンのチョークペイントも、初めて目にする方には、何だか敷居が高そう…ペンキとは違ってお手軽じゃなさそう…など不安になる方も多いかと思います。やってみたいけどちょっと不安という方は是非お気軽にご相談下さい。
ペンキよりは絵の具のような扱いが可能なアニースローンはとってもお手軽です。ポイントや施工方法などいつでもサポート致しますのでお気軽にご相談下さい。

ご相談・お問い合わせ

PAGE TOP