大手メーカーとデザイナーさんのコラボ!デザイナーズ壁紙特集


目を惹くデザイナー壁紙

国産の壁紙メーカーから発売されている商品は大変豊富な品揃えで、その中からとっておきの商品を見つけようと思うとなかなか大変です。
色々と見ているうちに、あれもいいかも…いや、これもいいかも…と段々と気分も変わり、何が良かったのか分からなくなることも多々あります。
数の多いものの中から一つを決めるのは、実はとっても大変な事ですよね。
そんな時にオススメなのが、カテゴリーやジャンルを絞ってから探す方法です。迷われているお客様や、特に何も決まっていないお客様にはあらかじめ、完成のイメージやお好みの雰囲気などを、何となく決めてからご覧になる事をお勧めしています。
今回はそんな豊富な商品の中から、プロのデザイナーさんデザインの目を惹く壁紙をご紹介していきます!
大手メーカーは何社かありますが、どのカタログを見ても、とてもデザインにこだわったものが多い印象です。壁紙には国産と輸入壁紙がありますが、国産には見られない大胆なデザインや、個性があるのが輸入壁紙です。デザインを重視したい方にはとってもオススメですが、予算を抑えたいけど、デザインも捨て難い…と言う方には国産のデザイナーズ壁紙がオススメです。なぜなら、大手メーカーとのコラボ商品ということで、お値段が国産壁紙と変わりません!それでいて、デザイナーならではな、目を惹くデザインが豊富で、とってもオススメです!

今回は、最近出たばかりのカタログの新商品、竹久夢二のデザインを元に作られた、素敵な和モダン壁紙から、海外の有名デザイナー達がデザインした素敵な壁紙をご紹介します。

 

竹久夢二の壁紙 Re ; foRm 【リ;フォルム】

憂いを含んだ独特の世界観の『夢二式美人画』で広く知られ、今なお人びとを魅了し続ける作家、竹久夢二。
竹久夢二の活動は絵画の世界にとどまらず、書籍装丁やポスター、千代紙や手ぬぐいなどの日用雑貨などグラフィックデザイナーとしての優れた仕事を数多くのこしています。
そんな竹久夢二のグラフィックの現在の暮らしに息づかせる活動が、アートディレクター・セキユリヲによる『Re;foRm』。
「夢二が今の時代に生きていたなら、どんな壁紙をデザインしただろう」東京・根津の竹久夢二美術館監修のもと、セキユリヲとリリカラが創り出す、竹久夢二の壁紙コレクションです。

 

リリカラより発売された竹久夢二のデザインイメージを元にした壁紙。
格式のあるお店などでも十分に映えるデザインです。
竹久夢二が携わった本の装丁などが元にデザインされたもので、和モダンなデザインが和室だけではなく幅広く使える商品です。

 

FinLayson 【フィンレイソン】

FINLAYSON(フィンレイソン)は、1820年に創業された北欧フィンランドの最古のテキスタイルブランドです。1820年、タンペレ(フィンランド)に設立した紡績工場の敷地内には、学校や図書館、教会などの核施設が作られ、フィンランド最大の工業都市として発展を遂げました。
1951年にはフィンランドで最も早く自社内にデザインアトリエを設立。1950年代(CORONNA)、1960年代(TAIMI, ELEFANTTI)に生まれた、何十年もの間親しまれている人気のクラシック柄と、そのシーズンのトレンドカラーやモチーフをとらえた魅力的な新柄による豊富なバリエーションは国内外で広く親しまれています。

 

長年北欧で愛されているブランドで、多くのデザイナーが携わるだけあり、目を惹くデザインの多いフィンレイソン、サンゲツとのコラボレーションです。
女の子のお部屋やアクセントとしてもとってもオススメです。
配色が可愛く、女性に人気のブランドです!

 

NATHALIE LETE 【ナタリー・レテ】

子供の頃の思い出や、日常の生活の身近なところからインスピレーションを得ている彼女の作品は、カラフルでどことなくユーモラス。そして、ハッピーでシニカルな魅力にあふれている。
企業とのコラボレーションや、雑貨コレクションを展開するなど、グーローバルに幅広い活躍を見せている。
2012年「ナタリーのA to Z」が出版。他にも作品や絵本など多数。

 

雑貨や小物、絵本などで大変人気のナタリー・レテ。シンコールとのコラボレーションで実現した壁紙です。
大胆な配色が特徴で、どこかユーモラスに描かれた絵が目を楽しませてくれます。
スマシアでは、白地に鮮やかな花が描かれた フェアリーテイルの森 という商品がとっても人気です!

 

 

Lotta Kuhlhorn【ロッタ・キュールホルン】

スウェーデンのストックホルムを拠点に活躍するグラフィックデザイナー。
彼女が作品を作るミッションは、日々の暮らしの中に気持ちの良い暖かさと美しさを感じさせること。
幸せを感じさせるカラフルな色使いと、少しノスタルジックな雰囲気のあるデザインは、おばあちゃんのサマーハウスにいるような感覚を覚えさせます。それはスウェーデンの人々が大切にする、自然や家族を愛する気持ちが背景にあるのかもしれません。

スウェーデンを中心にインテリア雑貨やキッチン雑貨、本の装丁など、様々な分野でデザインを展開しています。

 

まさにデザイナーズ壁紙の雰囲気の、ロッタ・キュールホルン!
雑貨や食器などでの人気が高く、長く愛されているデザイナーです。
個性的なモチーフやカラーでぐっとお洒落な雰囲気になります。リリカラとのコラボ商品です!

MICHAEL PARRY【マイケル・パリー】

マイケル・パリー氏はリリカラがウィリアム・モリス《Morris & Co.》の壁紙のライセンシー契約を結ぶ英国サンダーソン社の社長を歴任し、デザイナーでもあり40年余り同社の企画を牽引。またバッキンガム宮殿等英国皇室関係の建物の内装も直接手掛けてきた人物である。
現在では《Morris & Co.》の世界市場に向けてのアンバサダー(大使)を務める。

 

個性的なカラーが目を惹くマイケル・パリーのEnglish Anthologyシリーズ。リリカラとのコラボレーションです。
日本文化を愛した、ヨーロッパの邸宅をイメージした和モダンな雰囲気の壁紙から、お店やバーなどにもオススメの大胆な配色のゴージャスな雰囲気の壁紙など、デザインの幅がとっても広い印象です。
とっても高級感のある雰囲気を演出できます!

 

店舗やアクセントにもオススメです!

竹久夢二のデザインを元にした壁紙などは、カフェや和モダンな雰囲気のお店などにもとってもオススメの商品です。他のデザイナーズ壁紙も大胆な模様や配色がとても目を惹きます。
デザインが大胆であったり、色味が派手目のものは、一般家庭には向かないと思われがちですが、アクセントとして使用するとお部屋の雰囲気がぐっとお洒落になり、特別な空間を作り出すことができます。
日本の住宅では壁紙のデザインを遊ぶ方が意外と少なく、白一色というご家庭が多く見られますが、少しずつ、アクセントに柄のあるものを選ぶ方や、白い壁を淡いカラーで貼る方が増えてきました。
壁紙は一度貼ったら剥がせないものではなく、障子を張り替えるように手軽に張り替えることが出来るものです。デザインに飽きたら張り替えるということが可能です。大胆な配色やデザインを楽しんでみるのもとっても楽しいですよ!
是非、お楽しみ下さい。

困った時はお気軽にご相談下さい!

スマシアでは、デザインでお悩みの方や張り方でお困りの方などDIYにお困りの方のご相談を受け付けております。
こんな壁紙を探して欲しい、買ってみたけど、道具の使い方がいまいちわからない、という方や、施工方法でお困りの際など、どんな事でもご相談頂けます。
お気軽にご相談下さい!

ご相談・お問い合わせ

PAGE TOP