「どこのメーカーがいいの?」スマシアで扱っている壁紙メーカーをご紹介!


サンゲツ、リリカラ、ルノン…

上記は壁紙のメーカーさんの名前となっております。

「聞いたことがある」、「初めて聞く」

そういう方がそれぞれいらっしゃるかと思います。

私自身も、業界に携わなければ知る機会がなく、某メーカーさんのTVCMをよく目にしていましたが、カーテンのメーカーとずっと思っていました。

今回は、壁紙の各メーカーさんについてご紹介させて頂きます。

壁紙をご検討されている方は、この機会にメーカーにも注目されてみてはいかがですか?

 

スマシアで扱っている壁紙のメーカー

スマシアで扱っているメーカーさんは、サンゲツ、リリカラ、ルノン、トキワ、シンコールの5種類となっております。

上記にもあるように、「名前を聞いたことある!」って方もいれば、「初めて聞く」って方もいらっしゃるかもしれません。

各メーカーさんのご紹介と共に、私が感じたことや商品もご紹介したいと思います。

※ご紹介する順番は、企業規模、ランキング等には一切関係ございません。

 

サンゲツ

参考サイト:サンゲツ公式サイトWikipedia

多くの方が見たこと、目にしたことがあるメーカーさんかと思います。

創業も嘉永年間からととても長い歴史となっており、最初は表具店「株式会社山月堂商会」でした。

1956年から壁紙を取扱い始め、今では壁紙だけでなく、床材やカーテンなど多くのインテリア商品を扱っています。

住宅だけでなく、店舗など様々な用途に使えるものが多く、壁紙に関しては国内シェアが約50%です。

デザイナーさんとコラボするだけでなく、版権物ではスヌーピーを取扱っております。

デザイン性があるものよりも住宅に取り入れやすいものが多数です。

 

おすすめのサンゲツ商品

取り入れやすい織物調や石目調を多く扱っているサンゲツさんですが、上記にもあるようにデザイン性が高いものもあります。

中にはドラマやCMでのお部屋の内装に使われているものもありますので、映像で見たことある方は雰囲気もイメージしやすいです。

 

リリカラ

参考サイト:リリカラ公式サイトWikipedia

明治から創業され、昭和には「荒物雑貨商山吉商店」という名前で襖紙や表装材料の卸、小売り業を専業しておりましたが、後に壁紙、そしてカーテン、床材と取扱はじめました。

何度か社名変更をし、平成元年に現在の「リリカラ」という名前になっています。

社名の「リリカラ」というのはインテリアの基本カラーである「lily color(リリーカラー)」(オフホワイト)から取っております。

他のメーカーさんよりもカラーバリエーションが豊富!

また、「ウィリアム・モリス」や日本文様の宝庫を誇る「伊勢型紙」を壁紙にした「kioi」シリーズを取り扱っているのも特徴の一つです。

 

おすすめのリリカラ商品

リリカラさんの壁紙は一般住宅にも取り入れやすいデザインや高級志向のハイセンス系なデザインとあります。

不燃認定のみを扱ったカタログもあり、マンションや店舗様にもおすすめです。

 

ルノン

参考サイト:ルノン公式サイト住江織物についてのWikipedia

住江織物株式会社のグループ会社で、昭和7年から開業されております。

はじめは襖紙の卸売をしていましたが、1959年に壁素材の販売開始、2005年には「空気を洗う壁紙®」の販売を開始しました。

この「空気を洗う壁紙®」は消臭機能に特化しており、ルノンの最大の特徴といっても過言ではありません。

もちろん、消臭するのが苦手な臭いもありますが品質管理を徹底しておりますので、機能性(消臭機能がついた)壁紙をご希望の方はルノンさんのメーカーはおすすめです。

また、ディズニーシリーズのデザインも取り扱っています。

 

おすすめのルノン商品

消臭機能に特化していますので、やはり消臭機能がついたものには注目したいところです。

消臭の機能を取り入れたいお部屋にルノンさんはおすすめのメーカーさんとなっております。

また、他には中々ないディズニーシリーズの壁紙もあるので、マニアの方は是非取り入れてみてはいかがですか?

 

トキワ

参考サイト:トキワ公式サイト

はじめは常盤サドル製作所を起こし、自転車のサドル製造をしておりました。

1961年に壁紙を製造が始まり、壁紙製造に関して50年以上の歴史があります。

50年の歴史の中には日本初の発泡壁紙を発表したり、世界初の防火1級品を誕生させたりと実績もあり、2016年にはマッスルウォールといった傷に強い表面強化タイプの壁紙を開発しています。

 

おすすめのトキワ商品

実績もありながら、デザイン性も年々上がっています。

「お!」と目を引くものが多数あり、お部屋に取り入れやすいデザインや今までにありそうでなかったカラーも出てきております。

漫画やアニメで人気のワンピース柄の商品があるのも特徴です。

 

シンコール

参考サイト:シンコール公式サイト

昭和37年に創業し、ビニール、レザーの卸を開始し、その翌年には椅子貼りようの生地を販売、後にカーテン、カーペット、壁紙の順番で販売を開始していきました。

今でもトータルインテリアのメーカーとして地方から全国へ各地様々な市場に送り出してます。

住宅に取り入れやすいデザインだけでなく、高級感のあるデザインも扱っており、ローラアシュレイデザインといったエレガントな雰囲気のものからリラックマやキキララといったファンシーなキャラクター壁紙があるのも特徴です。

 

おすすめのシンコール商品

シンコールさんの壁紙はエレガントな雰囲気のものやファンシー系なだけでなく、機能も充実しています。

中でも人気なのが「アカルクリーン」シリーズで、明るさをアップさせることで省エネ効果が得られる壁紙です。

 

まとめ

各メーカーさんのご紹介いかがでしたか?

こうして見てみると、実は壁紙って昔からあるんだなということもわかったかと思います。

各メーカーさんにそれぞれ歴史があって、常に新商品のデザインや新機能の開発など余念がありません。

それぞれの良さ、機能がありますので、「この壁紙いいな、でも知らないメーカーだ…」など敬遠せずにびびっと来たものは是非住まいの壁紙に選んで見てください。

 

困った時はお気軽にご相談下さい!

スマシアでは、デザインでお悩みの方や張り方でお困りの方などDIYにお困りの方のご相談を受け付けております。

 

施工に関する注意書きがあって不安…

扱いが難しそうだけど私にもできるの?

こんな商品はありますか?

買ってみたけど、道具の使い方がいまいちわからない

 

など、どんな事でもご相談頂けます。

お電話でのお問い合わせが不安…という方にはチャットやメールなどがご利用頂けます。

是非お気軽にご相談下さい!

またスマシアでは動画配信も行っております。

是非DIYの参考にしてください。

banner_moviepage

 

ご相談・お問い合わせ

PAGE TOP