幾何学柄の壁紙でアーティスティックなお部屋に!

幾何学柄の壁紙でアーティスティックなお部屋に!


皆さんは、幾何学柄というのはご存知でしょうか?
意外に知らない方が多いと思いますが、幾何学柄はファッションやインテリアのデザインに幅広く使われています。幾何学柄の魅力を知ることでお部屋のコーディネートにも幅が広がり、他とは違う自分だけの素敵なお部屋にすることができます。沢山の幾何学柄の壁紙と写真を混ぜ合わせながらお伝えしていこうと思います。

1.幾何学柄とは?

そもそも幾何学柄とは、どんな模様の事を言っているのか、分からない人が多いと思いますので幾何学柄の定義について理解を深めてから、実際にいくつかの幾何学柄を見て頂きたいと思います。それでは早速、ご説明します。

 

下記はwikipediaからの引用です。

幾何学模様(きかがくもよう)は、ある種の模様であり、具体的には以下の意味がある。

(1)三角形、四角形、六角形などの多角形や円、楕円、直線などの単純な図形を部品として、それに平行移動、反転、回転、色の変化、拡大・縮小、分割などの操作を加えながら連続して組み合わせ配列を展開してつくった模様。同じ操作を繰り返すことで無限の模様展開が可能である[1]。

(2) 周期関数で表すことが出来る幾何曲線によって生成される図形[2]。

(3)詳しくは幾何学様式を参照。これは紀元前10世紀から紀元前7世紀ごろのギリシャ人によって初めて用いられた文様様式で、陶器などに直線や円などからなる抽象的な文様が描かれたものである[3]。

-引用wikipediaより-

上記の内容だと少し難しいかもしれないので、私なりにシンプルに伝えると「図形が不規則に絡み合った模様」という風に解釈しています。それでは幾何学柄の壁紙を使った魅力的なお部屋を見ていきましょう。

2.スタイリッシュな幾何学柄

まずはモダンなスタイルにあう、幾何学柄の壁紙をご紹介したいと思います。もし気になる壁紙があれば、画像をクリックして頂けると壁紙の詳細が載せてありますので、よろしければご覧ください。

長方形の図形が不規則に並んでいて、グレーを基調としたモダンな幾何学柄の壁紙です

上記の二枚の写真は曲線を複雑に交差させた幾何学柄の壁紙です。
こちら黒を基調にしたとてもエレガントでモダンなコーディネートにピッタリです。

こちらの壁紙は四角い図形を不規則に並べてあるモダンな幾何学柄です

3.カジュアルな幾何学柄

幾何学柄は色味や図形の形が変わるだけで様々なスタイルに変化できます。ここではカジュアルなテイストの壁紙をピックアップします。ちなみにカジュアルはラフで気取らない感じだと思って下さい。お部屋にも取り入れやすいと思います。それではカジュアルな幾何学柄の壁紙をご紹介します。

こちらは円形の中に不規則な色と大きさの違う円形が連なっている可愛い壁紙ですね!

こちらの壁紙はサンゲツの幾何学柄の壁紙で黄色のカラフルで大き目の図形がいい感じですね!
お子様のお部屋にも使えそうな雰囲気ですね。

4.和の幾何学柄

和の幾何学柄の壁紙を集めてみました!和と幾何学って相対的な感じがしますよね。でも、和にもちゃんと幾何学柄があるんです。和室に幾何学柄を取り入れることは難しいと思いますが、「和」の幾何学壁紙であれば浮くことなく和室にもマッチすると思います。

写真では少しわかりずらいかもしれませんが、模様が麻の葉に似ていることから麻の葉と言われているようです。着物などにも使用されたり、昔から存在している和の幾何学柄の一つです!これであれば主張しすぎないので和室などで使いやすいと思います。

こちらのが写真もタンポポの様な、花火が弾けたような、花をモチーフにしてデザインされている幾何学模様の壁紙です。和の雰囲気の中にもモダンな感じも出ていますので、和モダンスタイルなんかにも良く合いそうですね!

こちらの幾何学模様も和にぴったりとハマりそうな壁紙ですね。
柄も可愛いですし、色合いも爽やかでいいですね!

5.幾何学柄を使う時の要点

自由で洗練された印象の幾何学柄ですが、要点を守っておかないと残念な感じになってしまいます。そこでいくつかの要点にまとめてみましたので参考にしてみてください。

  • 基本的にこのスタイルにこの柄という決まりはありませんが、図形や色の雰囲気をしっかり把握して、お好みのお部屋に合うか決めてください。
  • アクセント的に取り入れる方が無難にまとまります
  • 他の柄をあまり混ぜて使わない方がよい
  • 家具や小物も合わせた、全体的なトーンもしっかり押さえておく

まとめ.

皆さん、いかがだったでしょうか?普段の生活の中で、幾何学柄を意識して取り入れている方も少ないと思います。ですが、とても自由で洗練された幾何学柄は見る人の心を躍らせてくれます。今回の記事の中では、幾何学柄を使ったお部屋のコーディネートのお話でしたが、幾何学柄は洋服や雑貨、絵画など、日常に溢れる様々な物に使われています。皆さんがこのブログの中で少しでも幾何学柄に興味を持って頂けたなら、チャレンジして、個性的で美しく、楽しい日常生活を送って頂きたいと思います。

ご相談・お問い合わせ

PAGE TOP