たった30秒で壁紙補修ができる魔法のアイテムと使い方の3つの手法

たった30秒で壁紙補修ができる魔法のアイテムと使い方の3つの手法


自宅やお店で何気なくボーっとしていると「壁紙の隙間が気になる」「壁紙がめくれている」など目に止まってしまうことが皆さんはありませんか?

ですが、どうやって直したらいいか分からない・・・。 業者にたのむほどでもないか...

と今まで放置していた経験があると思います。

そこで、このブログでは「たった30秒で壁紙補修ができる魔法のアイテムとその方法」

についてまとめてみましたので参考にしながら、試してみてください。

1.ジョイントコークの主な使用用途

魔法のアイテムとはズバリ「ジョイントコーク」と言われているチューブ式のコーキング材です。

コーキングと聞くとキッチンや水周りにされている、コーキングをイメージする方もいらっしゃると

思います。インテリアで使われているコーキング材は水性のとても扱いやすいコーキング材です。

主な用途は、

  • 壁と壁の隙間を埋めるため
  • ドアの周りやサッシ周りの隙間を埋める
  • 壁紙の剥がれ防止
  • 下地の隙間
  • 凹凸の補修
  • 傷の補修
  • めくれなどの接着剤

上記の項目が主な使用用途になっています。それ以外にも応用できますので

大変便利です!

 

2.ジョイントコークの特色

ジョイントコークの特色を下記に表してあります。

  • カラーは39色あって壁紙の色に合わせやすい
  • 水性なので馴染みやすく、扱いやすい
  • ネットやホームセンターでも気軽に手に入る
  • 金額が数百円とお得
  • 失敗してもすぐに拭き取れる

 

特色を見て頂ければ分かるように、”簡単に手に入り、商品も安く

失敗しても大丈夫!”といった本当に優れものなんです。

 

3.使う前の準備

 

さっそく、始める前にいくつか準備をしておきましょう

  • カッター(口を切るためのもの)
  • スポンジまたは固く絞ったタオル
  • バケツ(ゆすぐため)

これだけあれば他には何もいりません!

上記の図のように先端をカッターで斜めにカットしてください。

ポイントは最初から大きく切らずに、少しずつ切ってあげてください。

口が大きすぎると大量に口から溢れてしまいますので、作業しづらくなる

原因になりますので注意して切って下さい。

 

4.壁と壁の隙間をなくす

 

4-1.コーキングの先をあて均一に流し込む

始めは目立たない場所から少しずつ慣らして

いった方がいいと思います。

右の写真の様に一定の力でゆっくりと下に

下がっていくイメージで打って下さい。

あとで指で馴染ませますので、

「足りないかな?」くらいの感覚で

ちょうどいいと思います。

ノズルから必要以上にはみ出す時は拭き取りながら

やってみるといいでしょう。

 

4-2.指でなぞって馴染ませる

ひと通り、隙間にコーキングを流し込んだら

人差し指の腹でそーっと馴染ませてみて下さい。

ポイントは指についたコーキングをこまめに

拭き取る事です。そのままにしておくと

指についているコーキングが広範囲に広がって

他の壁に広がったり、うねうねして見えてしまい

カッコ悪くなってしまいますので注意してください。

これで完成です!

 

5.壁紙のめくれを直す

 

  • 子供が壁紙にあたってめくれてしまった・・・
  • 猫が引っ搔いた・・・
  • 引っ越しの時にぶつけてしまった・・・

そんな苦い経験をしている方にとっておきの方法を教えます。

とにかく簡単ですので、すでに直したい場所があれば直してみてください。

5-1.めくれている部分にコーキングを入れる

まずはめくれている壁紙の中にコーキングを

流し込んでください。

溢れても拭き取れば問題ないですので、

乾いた後に浮いてこない様にしっかりと

入れておく事がポイントです。

小さい引っ掻き傷なら表面にそっと

置くように壁紙になじませてみて下さい。

 

5-2.めくれた部分を圧着する

 

コーキングを接着剤として使用していますので

めくれていない周りの壁紙と平らになると分からなくなります。

ポイントは強く圧着しコーキングがはみ出なくなるまで圧着

して下さい。

右の写真は「壁紙用ローラー」といって下地と壁紙を圧着するための道具です。

圧着後に溢れたコーキングを綺麗にふきとってください。

これで完成です!

 

6.ドアの枠周りの隙間を埋める

手順は壁と壁の隙間を埋める方法と一緒で

コーキングを一定に隙間に流し込んでください

                         

ここでも同じように一定の力加減と量を意識

しながらコーキングを隙間に流し込んでください。

                            ⇓

あとは指の腹を使って余分な部分をとって

馴染ませたら廻りにはみ出している

コーキングも良く拭き取って下さい。

これで完成です!

7. 補修に必要な関連商品

 

まとめ

この記事の中で述べてきたことを実践するだけで

今まで気にはなっていたけど、そのままにしていた方や

高いお金を払って業者にお願いしていた方も

この「魔法のアイテム」と3つの手法を参考にして頂いて

より綺麗なお部屋にしてくれたら嬉しいです。

関連商品以外にも「簡単に出来るDIY」商品もありますので

チャレンジしてみて下さい。

 

 

ご相談・お問い合わせ

PAGE TOP