和モダンに大変身させる厳選壁紙とテクニックをご紹介!

和モダンに大変身させる厳選壁紙とテクニックをご紹介!


日本の良き伝統である和室ですが、現代はめっきり少なくなっていました。

しかし、ここ最近はまた和室の良さが見直され新しいスタイルの”和モダン”が大人気となっています。皆さんも和室のお部屋は落ち着くという感覚をお持ちではないでしょうか?

でも「古臭いから嫌とか」「なんか湿気っぽいイメージ」などお持ちの方も多いと思います。

このブログでは新しいスタイルの”和モダン”に大変身させるテクニックと壁紙専門店が選んだ厳選壁紙を惜しげもなくご紹介します!

 1.床の間の色を変えてみる

画像をクリック

和室の顔といえば床の間です。床の間の正面を濃いめの色の壁紙を貼るだけで和モダンなカッコイイ雰囲気に簡単になります。

そこにおしゃれな小物や草花などを添えてあげればあっという間に和モダンスタイルに早変わりします。

下記に、床の間におすすめの厳選壁紙をピックアップしてみました。画像をクリックすれば写真や詳細が載っていますのでイメージ作りの参考にしてみてください。

 

2.天井で雰囲気を変える

和室の天井は、ほとんどが木の板を並べて貼っている「目透かし天井」だと思います。本物に似せた壁紙で貼られている天井も多いです。壁紙であれば簡単に貼り替える事が可能ですので是非、参考にして頂きたいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、天井や床はあまり目線の行かない場所でありますが、空間の雰囲気を変えたい時は、床や天井を変えるだけでガラリと雰囲気を変える事ができます。

面積が広いので決める際には明るさや全体のバランスを考えて決める事をおすすめします。例えば「天井を暗くしたら壁を少し明るめにする」など、注意しながら決めた方がいいでしょう。和室の天井に貼るとスタイリッシュに「和モダン」スタイルにピッタリな壁紙をご紹介いたします。気になった物は画像をクリックしてください!

  • 暗めな色を天井に貼ると部屋がぐっと締まります
  • 網代柄や少しアジアンテイストが混ざった壁紙もオシャレポイントです
  • 古びた木目調の壁紙も和モダンテイストにはまります

 3.襖や建具の色を変える

和室には必ずと言っていい程、襖や建具がついています。入口の襖、押し入れの襖、仏間の襖・・・。部屋の面積の割合からみると、大きな面積を建具や襖が占めている事が分かると思います。ただの和室から和モダンに変えるテクニックの一つに、”思いっきり襖をおしゃれにする”という事がポイントになります。襖用のただの襖紙ですと昔ながらのおとなしめの和柄が定番ですが、あえてモダンな壁紙を貼るなどして、大胆に変えてみると和モダンインテリアに変身します。私自身がこの目で見て、カッコイイなと思ったカテゴリーを下記に何点かあげてみました。気になった物がありましたら画像をクリックしてください!

  • あえてモダンなコンクリート調の壁紙を貼ってみる
  • 濃紺の和紙調壁紙でモダンな和室に変わる
  • 茶色や黒などの色を積極的に取り入れてみる
  • 大きな柄が付いた壁紙も個性的な空間になります

 5.メインにもってくる壁紙

ここまでの説明では、アクセント壁紙や天井などのテクニックのご紹介をさせて頂きました。

本来であればメインを決めてアクセントを選ぶのが普通かもしれないですが和モダンスタイルはメインよりも、いかにモダンの部分をカッコよく出せるかで勝負は決まります。

ご自分の好きなアクセント壁紙を決めたら、その壁紙を活かせるようなメインの壁紙を決めていきましょう。ポイントと人気の壁紙をピックアップしてありますので見てください!気になった物がございましたら画像をクリックしてください!

    • アクセント壁紙や襖に色や柄が同系の壁紙は避ける
    • メインの壁紙は洋の要素より和が強い壁紙を選ぶ
    • 昔ながらの塗調の壁紙や和紙風の壁紙

 6.和モダン壁紙と合わせたい小物

和モダンなお部屋ができたけど、どんな小物を置いたらいいのか迷ってしまう方も多いと思います。更に和モダン全開になる様に和モダン壁紙にマッチする小物などを紹介したいと思います。

和モダンコーディネートの大事な点は和と洋のバランスをしっかりと守る事です。和が強すぎてしまいますとただの和室になりかねませんので注意が必要ですね!なかなかアンティーク家具は揃えることが難しいとおもいますが、ちょっとした子物置きや花瓶などで十分に雰囲気は出ると思います。

照明は空間つくりにおいては欠かせない存在ですね。ぼんやりとした電球色の照明はリラックス効果もありますし、モダンな印象にもなります。スタンドライトなどを間接照明として使うと良いと思います。ホームセンターなどでもオシャレな照明がたくさん売られていてお値段もそんなに高くないので使いやすいアイテムです。

和のテイストが強い一輪挿しや陶器など置くと上手にバランスが取れると思います。気をつけて欲しい事はあまりにもしっかりとした松の盆栽であったり、立派な掛け軸などを飾ってしまいますと、先に述べたように和が強くなりすぎて”和と洋のバランス”が崩れてしまいますので気を付けてくださいね!

 まとめ

皆さん、いかがだったでしょうか?和モダンコーディネートには欠かせない厳選壁紙と選び方のポイントをご紹介してきましたが、まだまだ沢山の壁紙の種類がありますので、参考にして頂きながら自分好みの和モダンにして頂けたらなと思います。若い方からお年寄りまでたくさんの方が和室の魅力、和モダンの居心地の良さを体験して頂き日本の伝統が守られていくといいなと思っています。

ご不明な点はお問い合わせください。

「こんな時どーすればいいの?」「道具の使い方が分からない・・・」など不明な点はお気軽にご相談下さい。

ご相談・お問い合わせ

PAGE TOP